JA飛騨ミート

  • ホーム
  • サイトマップ

取り組みOur Activity

ISO9001・ISO22000・FSSC22000の認証取得

FSSC22000

適用規格
FSSC22000
登録番号
JMAQA - FC126
認証登録日
2017年2月16日
認証登録活動範囲
飛騨牛を中心とした牛肉(牛内臓赤物、牛内臓白物、牛モツ、牛アキレスを含む)の処理、加工
審査登録機関
一般社団法人 日本能率協会審査登録センター
FSSC22000 登録認定書

ISO22000

適用規格
ISO22000 : 2005
登録番号
JMAQA - F005
認証登録日
2007年3月20日
認証登録活動範囲
飛騨牛を中心とした牛肉(牛内臓赤物、牛内臓白物、牛モツ、牛アキレスを含む)の処理、加工、販売および新製品の設計・開発
審査登録機関
一般社団法人 日本能率協会審査登録センター
ISO22000 登録認定書

ISO9001

適用規格
ISO9001 : 2008
登録番号
JMAQA - 2094
認証登録日
2004年8月27日
認証登録活動範囲
飛騨牛を中心とした牛肉(牛内臓赤物、牛内臓白物、牛モツ、牛アキレスを含む)の処理、加工、販売および新製品の設計・開発
審査登録機関
一般社団法人 日本能率協会審査登録センター
ISO9001 登録認定書

岐阜県HACCP導入施設

岐阜県HACCP認定マーク

岐阜県HACCP導入施設認定制度は、食品営業者に食品衛生管理の国際基準であるHACCPの概念に基づく高度な衛生管理を推進するとともに、一定水準以上の衛生管理を行っていると認められる県内の施設を認定することにより、衛生管理の不備に起因する健康被害の未然防止に寄与することを目的に、平成27年7月1日より施行されました。
また厚生労働省も、2020年東京五輪・パラリンピックや環太平洋経済連携協定(TPP)の発行に向けて、国際的に認められる食の安全確保のために食品製造業者や輸出入業者など国内の食品事業者に段階的にHACCPを義務付ける方針を決めています。
JA飛騨ミートでは、既に国際規格ISO22000の認定するHACCPを導入していますが、この度制定された「岐阜県HACCP導入施設」として岐阜県知事認定を受けました。
これを機に、JA飛騨ミートに関連する食品事業者を中心に、HACCP普及推進に取り組み、一層の消費者の食の安全確保に寄与します。

認定日
2017年4月8日
認定番号
第1号

»岐阜県HACCP導入施設認定制度について

ページの上部へ