JA飛騨ミート

  • ホーム
  • サイトマップ

組織概要Outline

代表あいさつ

駒屋 廣行
飛騨ミート農業協同組合連合会
代表理事会長

駒屋 廣行

  飛騨ミート農業協同組合連合会(JA飛騨ミート)は1984年に設立され、2002年には施設を現在の高山市八日町に新築移転し、飛騨地域の畜産拠点として運営するとともに衛生管理のためにHACCPの導入や、施設機械整備等を行ってきました。
  マネジメントでは2004年には品質の国際規格「ISO9001」を、2007年には食品安全の国際規格「ISO22000」を認証取得し、2017年にはGFSI(世界食品安全イニシアチブ)が唯一認める食品安全システム認証規格「FSSC22000」を認証取得しました。
  また、2015年には対米国、対EUの輸出認定施設となり、世界水準の衛生管理体制を維持し「飛騨牛」のグローバルな流通体制を整えました。
  これからもJA飛騨ミートは、「安全」な食肉工場として事業を進めてまいりますので、皆様の更なるご支援、ご協力をお願い申し上げます。

飛騨食肉センターとは

我が国では平成8年に、病原菌O-157ならびにサルモネラ菌等に起因する食中毒防止のため、食肉処理施設における衛生についての法律が改正されました。
それに伴い、岐阜県の主要な畜産銘柄である「飛騨牛」の処理を衛生的に実施できる施設・設備を導入することにより、消費者への安全、安心な食肉の供給体制の確立と、「飛騨牛」の一層の銘柄化による地域振興と県肉用牛生産の拡大を図ることを目的として、厚生省ガイドライン等の関係法令を満たし、周辺環境に配慮した全国トップレベルの「食品工場」が完成しました。

施設全景

概要

名称
飛騨ミート農業協同組合連合会
(JA飛騨ミート)
所在地
岐阜県高山市八日町327番地
創立
昭和59年4月27日
資本金
165,000,000円
資本構成
  • 正会員
    飛騨農業協同組合
    89,990,000円
    全国農業協同組合連合会
    70,000,000円
    飛騨酪農農業協同組合
    10,000円
  • 准会員
    飛騨ミート株式会社
    5,000,000円

アクセスマップ

ページの上部へ